高所作業

レンタルがお得

そのレンタルを行う専門業者がありますので、多くの情報からラフタクレーンを借りる事で、建設現場やトラブル車両の引き上げにも活躍をしてくれます。

そのラフタークレーンのレンタル費用については、専門業者のホームページでも詳細が載っています。
その使用する期間や用途にあわせて、料金指定を行っている業者もありますから料金比較とラフタークレーンの年式や質からも比べる事が重要です。
それによって高所作業車からの活用で、仕事が楽に能率よく行われるのです。

空と赤白クレーン

安心した使用が重要です

高所作業車をレンタルを行う際には、その費用も重要な借り方のポイントですが、安全性についての配慮を行う業者からの利用が大切です。

それはリスクをともなう作業を行う為に高所作業車には、常に安全装置の作動等の点検や機能性の良好さが求められます。
以前にも故障の為の高所作業車によって、空中で作業員が閉じ込められた事故がおこった事がありますから信頼性と実績のある業者からリース等を行う事です。
それによって安心した困難な作業が出来ます。

電線工事

ラフタークレーンとは

ビルなどの建設現場で建材をどのように上まで上げて入るのか知らない方がほとんどです。知っている方でも健在を吊り上げている車両を何と呼ぶのか知らない方も多いでしょう。

建材などの吊り上げを行う車両の事をラフタークレーンといい、ラフテレーンクレーンと呼ばれる事もあり高所作業車です。特殊車両の為、製造を行っているメーカーは国内ではかなり限られてり、車両台数も普通車やトラックなどと比較すると驚くほど少ないのが現状です。

高所での作業

ラフタークレーンの特徴

吊り上げる能力が様々で、その重さによってラフタークレーンの大きさが変わります。吊り上げるテレスコピックブームと言われる伸縮式の為、一般道を走行するばあいはたたんだまま走行しています。一般道で横に並んだ事のある方もいらっしゃると思いますが、車両自体のスケールはかなり大きいと言えます。

吊り上げ荷重が5トン以上の運転や操作には移動式クレーン運転士の免許が必要になります。5トン未満の場合は小型移動式クレーン運転技能講習の終了が必要です。また一般道を走行する場合は大型特殊免許が必要です。

高層ビル

レンタルが基本クレーン

ラフタークレーンは高価であることと、台数が非常に少ない事からレンタルが基本となっています。車両を保有しているだけで税金はかかりますし、毎日ラフタークレーンがどうしても必要な現場も少ないために、レンタルが非常に多くなっています。

レンタル会社も多数あります。高所作業車専門のレンタル会社やリース会社もありますし、建築重機全般を取り扱っているレンタル会社やリース会社もあります。

お探しの場合はインターネットで検索して、近くて安い会社を選択するのがベストと言えます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930